実践しよう!精神を穏やかにしてくれるセロトニンの増やし方3選

セロトニンとは、私たちの脳内で分泌されている神経伝達物質のひとつ。

脳にある脳幹とよばれる部位にセロトニン神経があり、そこから生成されたセロトニンは、ドーパミンやノルアドレナリンなどの他の神経伝達物質をコントロールしながら、精神バランスを保つために働いてくれます。

ですがセロトニンはストレスに弱く、うつ病の人はセロトニンが不足している状態。

うつ病改善はもちろん、毎日をハッピーに過ごすにはセロトニンを増やす必要があります。

そこでセロトニンの増やし方について紹介していきます。

薬で増やす

セロトニンは、通称SSRIとよばれる薬で増やすことができます。

分泌されたセロトニンはいつまでも脳内にあるわけではなく、一定の時間が経過すると神経細胞に回収されるため、うまくセロトニンが供給されていなければ、セロトニンは減少してしまいます。

SSRIでは、セロトニンを回収する入口にフタをすることで、セロトニンが減ってしまうのを阻止してくれるのです。

ただし、SSRIには副作用もつきまといます。

強い吐き気を伴ったり、セロトニン濃度が高くなりすぎることで逆に不安感を強めてしまうケースもあるので、注意が必要です。

日光浴で増やす

セロトニンを薬の力を借りずに増やすには、セロトニン神経を活性化する必要があります。

そのためにうってつけなのが、日光浴です。

紫外線の影響などであまりいいイメージがないかもしれませんが、実は日光はセロトニンの分泌を促してくれたり、乱れがちな体内時計をリセットしてくれるといったうれしいパワーも秘めています。

ストレスが多い時は不眠になりがちですが、日光浴でセロトニンが増えれば、比例するように夜に分泌されるメラトニンも増えるため、不眠の解消にもつながるのです。

食事で増やす

セロトニンを効率よく増やすには、セロトニンの原料を食事で補う必要があります。

セロトニンの原料となるのは、乳製品やたんぱく質に多く含まれているトリプトファン。

より効果を期待したいのであれば、トリプトファンのサプリをプラスするのもよいでしょう。

いかがでしたか?このようにセロトニンは、様々な方法で増やすことがでできます。

自分にマッチした方法で、セロトニンを増やしてみてください。